Shinya talk

     

 

2013/01/15(Tue)

体罰は犯罪か。

先日、門司港での同窓会の折、古沢先生がお亡くなりになったとの報に接した。



古沢先生は私が中学校三年の折の担任で職業担当の先生だった。

職業担当というと先生方の中ではマイナー立場で、そういったこともあるのか、男性だが非常に押し出しの弱い、どちらかと言うと慎ましい感じの先生だった。



しかし私はこの先生にビンタを食らったことがある。

中間テストの折に何のテストだったか忘れたが、生意気な私は机の上に教科書を堂々と出し、カンニングを行っていたのだ。



古沢先生が見回り、私のそばを通った時も私はそのままカンニングを続けた。

先生は私の横で立ち止まり「立て」と小さな声で言った。

立つとビンタが飛んで来た。

平手打ちである。

痛みよりもこの日頃は慎ましい先生がビンタを張ったことに驚くとともに小さなショックを覚えた。



古沢先生はビンタを張ったあとに私の目をじっと見つめていた。

その眼鏡の背後の目を見たとき、少し血の気の引くのを覚えた。



彼は涙ぐんでいたのだ。



その古沢先生の眼は言葉にならない多くのものを語っており、ワルだった中学生の私は言葉にならない何かを感じた。



以降、テストでカンニングをすることはなくなった。



このことが示すように私はあまり勉強の出来ない子だった。

というより勉強というものが嫌いだったのだ。

したがって高校受験の時も商業高校程度の私立(当時は私立は出来の悪い子が行く高校だった)にしか行けないと自他ともに思っており、私立に行くつもりで公立高校は一応形どおりに受けただけで、通るとは思っておらず、合格発表の時も見に行かなかった。



だがその合格発表の日の午後、私の家に電話が入った。

公立に合格したという知らせだった。

いったい誰が知らせて来たのと母に問うと、古沢先生だと言う。

彼は私のことを気にかけており、わざわざ合格発表を見に行ったらしいのだ。

たぶんおそらく私が知る限り、彼が生徒にビンタを張ったのは私だけで、ひょっとしたら彼はそのことをずっと負い目に感じていたのかも知れない。



半世紀後の同窓会でその古沢先生が亡くなったと聞いたのだ。

そして亡くなる前の先生のことを知っている同級生の口から聞いた言葉に私は胸の傷むのを感じた。

彼の家の本棚には私の出版した本がずらりと並んでいたというのである。



生前にお会いしておけば良かったと悔やんだ。



次の帰郷のおりには墓に花を手向けるつもりだ。





                   ◉





大阪の高校で体育の教師が生徒を殴り、生徒が自殺したという報道で世間の論調が沸騰しているおり、私が思い出したのはその古沢先生のことだった。



あの古沢先生のビンタは温かかった。

優しかった。

そういった身体行為を”体罰”という言葉でひとくくりする世間の論調に危うさを感じる。

こういう身体の接触行為というものは百あれば、そこに百の個有の事情と差異がある。

大阪での事例はその一件がどのような状況でどう行われたのかという報道が一切ないのは報道の体を成していない。

個人的には何十発も殴るというのは、確かにこれは常軌を逸脱しているとは思う。

殴るのは一発、思いを込めたものでしかも平手であるべきであり、拳を握って殴るというのはこれも常軌を逸脱している。



いわゆる報道で判断のつくのはその程度のことであり、この一件があったから教師と生徒の身体接触のすべてが悪であるという一方的な世間論調は危い。



ある女性の教育評論家は”再犯率”という言葉を使っていた。

つまり”体罰”を行う教師は”再犯率”が高い、とまるで犯罪者扱いである。



この教育評論家の言に倣えば古沢先生は”犯罪”を犯したことになる。


その”犯罪”によってワルだった私は更生したことになる。


評論家はその矛盾をどのように穴埋めするのか。